Think Bee!とは?シンクビーの解説サイト

ジャカード織

ジャカード織とは

[スポンサード・リンク]

ジャカード織を使ったチェリーデチドリ
  • Think Bee!のバッグや財布によく使われるイタリアTEXNOVA(テキスノヴァ)社製のジャカード織ですが、そもそもジャカード織とはどんなものなのでしょうか?
  • ジャカード織とは、ジャカード織機と呼ばれる自動織機で織られた布であり、1806年にフランス人のジョセフ・マリア・ジャカール(J.M.Jacquard)が考案しました。
  • ジャカード織は考案者のジャカールにちなんでつけられた名前です。
    ジャガードと呼ぶ人もいますが、正しくはジャカードです。
  • それ以前の機械と比べ、立体的。複雑で大きな柄を作ることができるが特徴で、この織機ができるまでは複雑な模様の布を織ることは非常に手間がかかったと言われます。
  • ジャカード織機は、パンチカードを利用しており、パンチカードの1列の穴が横糸および経糸1本に対応し、穴の有無に従って上下する金属針とシャフトを連動させてシャフトを個別に上下させ、穴によって指示された経糸だけを引き上げて横糸を通し、カードのパターン通りの模様を織る方法をとっています。
  • 要するに、今では機械で簡単にできるパターン織りが、模様に対応したパンチカードによって織機の糸の上げ下ろしを制御することで、格段に簡単になったわけです。
  • 最近では、パンチカードの代わりにコンピュータデータを用いた電子ジャカードが普及しており、大量生産が可能となっています。
  • 色模様編み地は2~4色、あるいは4~6色の配色が多いとされており、仕上がった布地は装飾的なのでネクタイやセーターなどの洋服、和服、帯、カーテン、敷物などに利用されています。

参考にしたサイト

● ジャカード織 -[ファッション用語集]All About
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_fashion/w006431.htm

● ジャカード織機 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E7%B9%94%E6%A9%9F

● ジャカード織 とは - コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E7%B9%94

トップページへ戻る

[スポンサード・リンク]


powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional